◆…宇治市はこの2~3年来、財政難を理由に、公共施設の見直しを計画してきました。
◆…私たち宇治公民館・市民会館を利用している団体は、関係があるので審議会の傍聴や出前懇談会も用意して、市と意見交流をし、建替え存続の要求をし続けて来ました。
◆…市側の対応はいつも曖味でしたが、でも昨年12月末に「この3月31日で閉館する、利用の受付はしない」として、年間延べ6万人近くもいる利用者団体に一方的に「他の公民館へ行くように」と申し渡すなど、行政にあるまじきこんな乱暴な方法をとるとは思ってもいませんでした。閉館の理由は、JRの借地を3月で返却、奈良線複線化工事に差し支える。耐震強度の不足などとしていますが、JRとは借地更新の交渉をしたのでしょうか?複線化工事は来年にも始まるとのことですが、複線化されても、今の公民館・市民会館の場所は直接影響はないはず。また耐震調査は17年前に行って強度不足が判っていたのにずっと放置してきました。それを今になって、いきなり閉館、しかも「閉館は無期限」と言うのですから、事実上の「廃館」ではないですか。
◆…宇治公民館・市民会館は市民の社会教育や福祉活動の大切な場で、ここだからこそ利用できていた関係者は、4月から他へ行けと言われても、受け入れる他の公民館も満杯で、交通も不便な市内では、春からの活動は止めようという関係者も出て来ています
◆…私が属している菟道学区福祉委員会も4月から行き先がありません。貸館を借りたら済む問題ではないのです。
◆…宇治公民館は全市から利用者が集まっているし、もともと市の中心地である中宇治には、もっと公共施設が必要なのです。市は財政難の前には、長年市民が大切にして来た社会教育活動など縮小してもいいと考えているのでしょうか?
◆…市長をはじめ、年配の市職員の皆さんは覚えておられるでしょうか。今から30年ほど前、当時の池本市政は、公立幼稚園8園のうち4園の廃止を打ち出しました。この時には全市的に猛烈な反対運動が起こり、中宇治の地元では莵道幼稚園廃止反対に向けて、大勢の市民が立ち上がりました。しかし市は4園廃止を強行しました。あれから長年地元の様子を見ていると、他にも理由はありますが、中宇治地域では子育て世代の人口が年々減ってきました。大久保幼稚園も廃園、宇治公民館も廃止。子育てや市民の社会教育活動を軽視するような市政には未来がありません。少子化や人口減がさらに加速するでしょう。こんな時こそ市は関係市民との意見交換の場を持つべきです。財政難は私たちもわかります。一方的閉鎖ではなく、お互いに何らかの方法を考えようではありませんか。(宇治市折居台・足立恭子)