京都:山城地方のニュースをお伝えします

やましろ企業&商店情報
2018年 1月 12日
RAKUNAN TIMES

伝統の技 逸品多数展示
京人形・み彌け
「ひな人形秀逸展」開催中


 3月3日は女の子の幸せな成長を願う「桃の節句」。宇治市小倉町南堀池の京人形・み彌け(三宅玄祥店主)では「ひな人形秀逸展」を開催している。店内は初節句を迎える来店客でにぎわいを見せている。
 ひな人形は「京の名工」で経済産業大臣指定の伝統工芸士・三宅玄祥さんが京人形伝統の技を守り、一つひとつ丹精込めて手作り。確かな技術で生み出される作品は、百貨店や専門店などでも有名作家品として人気を集めている。
 店内には、豪華な七段飾りや省スペースで人気の三段飾り、コンパクトなケース入り人形やインテリア風の親王飾りなどが並び、華やかな雰囲気に包まれている。
 上質の正絹を使用した伝統的なものから、洋間にもインテリア感覚で飾れるものまで、住宅事情など用途に合わせ数多くの品がそろえられている。
 ひな人形の選び方や仕立て、生地に関する相談の受け付けや、人形の顔と衣装のセットコーディネートなどのサービスも充実している。
 同店では「工房直販ならではの質の良さと安心をご提供いたします。補修などのアフターサービスも万全ですので、ご来店頂いてぜひ実物をご覧ください」と話している。営業時間は午前10時から午後7時まで。
【写真はひな人形秀逸展を開催中の「み彌け」店内】

山城エリアガイド
プレゼントコーナー


洛南タイムス
購読申し込み
会社概要
広告案内
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権
トップページ



企業&商店情報トップへ


copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109 FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。