京都:山城地方のニュースをお伝えします

やましろ企業&商店情報
2018年 4月 26日
RAKUNAN TIMES

園児28人が新茶の茶摘み
福寿園・宇治工房
賑やかな声が茶畑に響く


 宇治市宇治山田の福寿園宇治工房(森口正人工房長)で25日、近隣の園児たちによる新茶摘みが行われた。
 同施設で新茶摘みを行ったのは、同市菟道のあさひ保育園(荻原道園長)のもみじ組(5歳児)28人。同園は2008年に同施設の茶園「朝日園」=300u=に「あさひ(品種)」の茶の木350本を植樹した縁でこの日、茶摘みに招待されたもの。
 またこの日、園児らの応援に宇治商工会議所のゆるキャラ「おうじちゃま」も駆けつけ、園児から大歓迎を受けていた。
 園児たちは、茶園で森口工房長から摘み方の説明を受け、「おうじちゃま」に見守られながら、みずみずしい黄緑色の新芽を上手に摘み取っていった。
 茶摘みを終えた園児たちは、工房内で用意された「新茶の天ぷら」を美味しそうに味わっていた。
 同工房では、28日から5月10日頃まで「茶摘み&製茶体験」を実施する。1日1回5人限定。所要時間は約2時間で自身で摘んだ茶葉を製茶できる。予約・問合せは宇治茶工房(рO774・20・1100)まで。
【大きく育った新芽をやさしく摘み取る園児ら】

山城エリアガイド
プレゼントコーナー


洛南タイムス
購読申し込み
会社概要
広告案内
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権
トップページ



企業&商店情報トップへ


copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109 FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。