京都:山城地方のニュースをお伝えします

洛タイ:イベントガイド
2017年 9月 14日
RAKUNAN TIMES

宇治の橋姫 物語とリアルで読み解く
源氏物語ミュージアム
企画展スタート


◆…宇治市源氏物語ミュージアム(西澤久美子館長)で13日、企画展「史料はかたる!宇治の橋姫」が始まった。12月3日(日)まで。
◆…かつて川を渡る橋のたもとには、招かざる客≠ゥら街を守ってくれるよう「女神」がまつられていた。宇治橋のたもとにも「橋姫」がまつられているが、古今和歌集に収録されている「狭筵(さむしろ)に衣片敷きこよひもや我を待つらむ宇治の橋姫」の歌では、橋姫は「待つ女性」として描かれている。
◆…江戸時代に源氏物語の注釈書として書かれた「湖月抄」には、宇治橋の橋姫について解説が書かれている。これ以外にも、多くの時代で様々な注釈書が出版されたが、それまでの調査や著者の自説なども交ざり、橋姫のイメージは次第に「嫉妬の神」と変遷していった。
◆…一方、宇治橋のたもとに建てられた橋姫社(橋姫の祠)は、祈祷料などを巡り管理者と神職者が取り決めを交わすなどリアル≠ネ事情も見られる。嫉妬から転じて「縁切りの神」として信仰を集めるなど、地域とのかかわりも多い。
◆…今回の展示は、宇治橋の橋姫を、「物語の中」と「リアルな現実」の両面からアプローチ。江戸から明治にかけての古文書を展示し、それぞれの「橋姫」の一端を垣間見る。
◆…期間中、10月11日と11月7日に展示替えを実施。展示屏風の入れ替えを行う予定という。開館時間は午前9時から午後5時まで。月曜休館(祝日・振替休日の場合はその翌日)。観覧料は大人500円、小中学生250円。問い合わせは同ミュージアム(рO774―39―9300)まで。
◆…また、源氏物語ミュージアムでは12月10日(日)まで、八幡市立松花堂庭園・美術館と相互割引を実施する。期間中、他方の観覧券の半券を提示すると、入場料を団体料金に割引きする。半券1枚につき1人まで。詳細は各施設に問い合わせを。【盛川振一郎】



山城エリアガイド
企業&商店情報



洛南タイムス
購読申し込み
会社概要
広告案内
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権



イベントガイドのトップへ


copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109 FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。