京都:山城地方のニュースをお伝えします

洛タイ:イベントガイド
2017年 12月 4日
RAKUNAN TIMES

改元前「昭和」しのんで
宇治市歴史資料館
「ちょっと昔の街と暮らし」


 宇治市歴史資料館=折居台、西澤久美子館長=で企画展「ちょっと昔の街と暮らし〜昭和の子どもたち〜」が2日から開幕した。昭和30年代以降を中心に、宇治の街の移り変わりを、市民が提供した家族写真などでビジュアルに紹介している。
 小学3年生が、祖父母に昔の宇治の様子や暮らしぶりについて聞くふるさと学習を三学期に控えているのに呼応して、企画した。
 02年から開いている写真展「なつかしの街角・思い出の一枚」に市民から寄せられた1600点を超える写真の中から、昭和の子どもたちの豊かな表情をとらえたワンカットを厳選。380点の写真で宇治の街の変遷を振り返ってもらうことにした。
 あわせて、おもちゃや文具など昭和の子どもたちの生活を彩った物、昭和30年(1955年)〜36年(61年)にかけて撮影した風景写真、国土地理院撮影の空中写真なども紹介している。
 宇治市の人口が5万人(現在は約19万人)で推移し、高度経済成長前の田畑や茶園が広がる半世紀前の懐かしい風景が、見ていて飽きない。
 企画展は年末年始の休館(12月28日〜1月3日)をはさんで来年2月4日(日)まで。入場無料。開館時間は午前9時〜午後5時。月曜休館。【岡本幸一】



山城エリアガイド
企業&商店情報



洛南タイムス
購読申し込み
会社概要
広告案内
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権



イベントガイドのトップへ


copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109 FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。