京都:山城地方のニュースをお伝えします

洛タイ:イベントガイド
2018年 3月 3日
RAKUNAN TIMES

茶の街の名所旧跡を紹介
宇治源氏ミュージアム
歴史資料館と合同で企画展


 宇治市の源氏物語ミュージアム(宇治東内、西澤久美子館長)で企画展「お茶と名所と宇治と」が開幕し、茶のまち宇治の名所旧跡を多彩な資料から紹介している。
 「うし」と「うじ」の掛詞による「憂し」の地「宇治」のイメージは、喜撰法師の歌や源氏物語「宇治十帖」によって親しまれた。
 その後、橋合戦や先陣争いといった源平合戦の地「宇治」は「平家物語」で世に語り継がれ、喫茶文化の拡大とともに宇治は天下の茶どころとして新たな脚光を浴び始めた。
 「お茶の京都」ターゲットイヤーのフィナーレを飾る時期、日本遺産にも認定された宇治茶の歴史や宇治の名所を紹介しようと、歴史資料館との合同企画で開くことにした。
 天下の茶どころとして名だたる戦国大名とも親密な関係にあった土地柄を伊達政宗や前田利長(利家の嫡男)との書状をはじめ由緒書、記録証、名所図会、屏風絵など30件43点の資料で紹介(期間中、展示替えあり)した。このうち11点はミュージアムで初出展。
 企画展では担当者が解説する▽ギャラリートーク(3月24日、5月5日)=いずれも午前10時30分〜、午後1時30分〜の各30分程度、定員30人=、小学3年生以上――の取り組みを行う。
 前期は3月18日まで、中期は3月20日〜4月15日、後期は4月17日〜5月13日まで。
 同ミュージアムの開館時間は午前9時〜午後5時。月曜休館。観覧料は常設展と共通で大人500円、小中学生250円。問い合わせは同ミュージア(39・9300)まで。【岡本幸一】



山城エリアガイド
企業&商店情報



洛南タイムス
購読申し込み
会社概要
広告案内
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権



イベントガイドのトップへ


copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109 FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。