京都:山城地方のニュースをお伝えします

2018年 7月 11日

TODAY NEWS

災害 風化させないために
宇治田原茶販売協同組合

被災者をお茶で支援



 被災者に元気になってもらおうと、宇治田原茶販売協同組合(安井徳重理事長、22社)は10日、町商工センター(岩山釜井谷)で緑茶の梱包作業を行い、東日本大震災被災地(岩手県陸前高田市)へ、府内産新茶を送った。
 震災直後、町社協の職員が被災地支援のため、宮城県塩釜市の社協に応援に行った際、被災地の現状を目の当たりにし、「日本緑茶発祥の地として何かできないか」と議論を重ねた結果、茶の贈呈を行うこととなった。
 2013年度に、塩釜市の社協を通して新茶の贈呈を実施。以降、陸前高田市へ毎年贈呈を続けている。
 この日、安井理事長含む5人の組合員と、商工会事務局の1人がラベルを貼ったり、梱包するなどして作業にあたった。
 陸前高田市で今も仮設住宅での生活を余儀なくしている被災者など200世帯へ府内産新茶(煎茶)80cを200本、陸前高田市の社協を通じて発送。ほかにも、宇治田原町社協に新茶約2`を寄贈した。
 安井理事長(46)は東日本大震災の被災地について「過去の事で注目がいかなくなっているが、忘れてはいけない」と話した。そして「まだ苦しんでいる人もいる。なかなか被災地を元の通りに戻すのは難しいが、この取り組みを継続することで、元々以上の快適なまちに復興してくれることを願いたい」と語った。
 近年、災害が増え復興を目指す被災地も多くなっている中、今回送る200本以外にも集めて、受け入れ可能な被災地があれば、送付先として検討したいという。【鹿野達郎】
HOME
読者コーナー
投 書 箱
プレゼントコーナー


山城エリアガイド
企業&商店情報


洛南タイムス
購読申し込み
広告案内
会社概要
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権



洛タイトップページ


copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109
FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。