洛タイ投書箱



山手線開通に力を合わせよう
2017年 8月 12日


◆…最近、貴社の紙面を始め、戸別に配布されるチラシ等で宇治田原町新庁舎の問題が取り上げられている事は、ご承知のとおりです。只、確かに現時点では、予定されている場所は不便に感じられるかも知れません。
◆…本町で生まれ、地域の皆さんに育てられて、傘寿を迎えようとしている私は、今日まで仕事の関係で近隣の市や町を何ケ所か見て来て、感じた事を聞いて頂けないでしょうか?
◆…最初、こんな所に何故と思って来ましたが、今では開発が進み、驚くほど繁栄している処を多く見られます。
◆…約60年余り前、私達は宇治市内まで自転車で通学し、長雨で山が崩れて旧宇治道が通行止めとされた時、行きはR24号線廻りで、帰りは何度か宇治の中心部から横にそれ、宇治球場(現・市役所)周辺を通り、白川地区の上から左右に激しく曲がりくねった旧立場林道(いや、獣道だったかも)を重い自転車を押して、やっとの思いで登り詰めた所が、くつわ池地点。そこからは自転車のブレーキが焼けて効かなく成るのでと心配しながら下り着いたのが現在の町下水処理場の処でした。それが今ではどうでしょう。R307号線にも劣らない立派な幹線道路(立場線)です。
◆…話は変わりますが、田原・宇治田原の両村が合併し、新しく宇治田原町が誕生したのもその頃です。
◆…当時は、やはり旧村の対抗意識が有った様に思いました。公共施設はどうしても境界線付近でとの考えから、幹線道路に面した便利で広大な場所の確保の為、建設に向け携わって頂いて来た関係者は、日夜自らの体調を崩してまでも苦労をして下さった事をお聞きしました。
◆…それでも今、尚、完全に用地取得と災害にも強く、一部借地料を払い続けられている様子と聞く時、用地確保と災害にも強く有望な予定地で、東西に約13`bに及ぶ広大なハート型を誇る本町の心臓部として進めて頂き、併せて一日も早い山手線の開通に向け、皆んなで力を合わせて頑張るのは“今でしょう” 如何ですか? 老人の独り言から(宇治田原町在住・福田良三)

投書のインデックスへ
copyright©洛南タイムス
京都府宇治市宇治壱番26  TEL0774−22−4109  FAX0774-20-1417
※このサイトに掲載される記事や写真、その他のデータの著作権は洛南タイムス社またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。