洛タイ投書箱



一次避難所の整備こそ急務
2017年 8月 19日


◆…拝啓。宇治田原町長に諫言いたします。前々から気になっていたことがありますが、先日の台風5号の来襲により一層強い思いが募り、ご意見申すことに相成りました。
◆…各放送メディアが一斉に各地区の一次避難所のテロップを流していましたが、さてわが愛する郷土。好きやねん宇治田原のわが町、わけても各区の避難所はどうなんでしょうか?町全体の広域避難場所、また防災指揮所の高台移転は必要でしょうが、各地区の公民館の防災対策は各区の資金事情から構造規模等自ずから制限があり、位置状況としては元存在していた場所に建設せざるを得ず。そのいずれもの多くがハザードマップで示される浸水地域、土石流の恐れのある谷筋の出口または河川のすぐ近くにあります。住民の命と財産を守るということからこれを町長は何とも思われませんか?
◆…さて敷地購入から新庁舎並びに付属施設の建設、什器備品移転費用を含めると約30億円とおっしゃるけれどそれは取りも直さず超長期の町民税金負担で支払わなければなりません。この箱物建設をまさか4年先の町長選に目に見える実績をということで利用なさる訳ではないでしょうね。とり急いでおられる訳が全く理解できません。それとも他に何か別の理由がおありですか?東日本大震災。原発事故。九州の地震並びに大雨災害の手当て復旧。それに東京オリンピックの建設等、国全体が資材と人材の高騰の折、「時節は来たり。今でしょう!」はないでしょう。今着工すればこの当初予算を大幅に超えるはずです。
◆…そこで今少し適切な時期を待ってはどうでしょう。善政を施しているとお思いの町長に苦言を申し上げますが、オリンピックが終わってからでも遅くはない。今一度振り返って見られると良い。町民が諸手を挙げて賛成していますか?行政、並びに議員が一目散に突っ走っておられる姿は、まるじ美辞麗句だけが踊っている現国政政権そのものですよ。
◆…災害が起きたとき住民がまず避難する場所は各地区のコミュニティセンター、いわゆる公民館です。計画されているとても遠い所のどうして行けばいいのかわからない広域避難場所などではありません。
◆…前述しました各区公民館施設の敷地周囲の防水防災対策まではどの地区でも行き届かず、建物に費用をかけるのが精いっぱいの状況です。そこで約30億円の費用の一部で例えば必要な箇所には敷地周囲に高さ1b程度の防水、土石流防止の擁壁、出入り口には油圧で作動する防水板等を全国の町村に先駆けて設置するなど考えられませんか?
◆…中国の戦国時代の諺に、「隗より始めよ(大事を成すには手近な事から着手せよ)」という言葉があるではありませんか。
◆…京都府でも、国でもそんな対策はしてくれません。立派なホテル並みの対外的には威容を誇る建物も、住民には大負担ですよね。生活が第一のこのご時世に住民が自慢するでしょうか?そんな庁舎は果たして必要でしょうか?住民ファーストですか?好きやねん宇治田原ですか?それならば住民の安全を第一に考えるのが善政を施す町長の務めですよ。
◆…まず町内各地域の一次危険個所に建つ避難場所であるべき公民館周囲にせめて防水防災施設を完備し、土石流を防ぐのが最優先であるべきでしょう。
◆…町の庁舎移転に表立って異を唱える人は少ないですが、潜在している反対者は少なくありませんよ。住民の1票はいつもあなたを見つめています。「巧言令色鮮し仁」。裸の王様になられぬようにご用心。(田原在住一住民)

投書のインデックスへ
copyright©洛南タイムス
京都府宇治市宇治壱番26  TEL0774−22−4109  FAX0774-20-1417
※このサイトに掲載される記事や写真、その他のデータの著作権は洛南タイムス社またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。