地元4チームがゾーン決勝へ

来春の「センバツ甲子園」へとつながる平成30年度秋季京都府高等学校野球大会(府高野連など主催)が25日にはじまった。
大会には府内75校72チームが出場。A~Jの10ゾーンに分かれて1次戦(トーナメント)を行い、各ゾーンの1位チームと、敗者復活戦を勝ち上がったチームが2次戦へ進出する。2次戦は、今夏の選手権京都大会で優勝した龍谷大平安を含む計21チームがトーナメント戦を展開。上位3チームが近畿大会(10月20日~・ほっともっとフィールド神戸)への出場権を獲得する。
地元勢では、京都すばる、莵道、立命館宇治、京都翔英がゾーン決勝戦へ勝ち進んだ。
【Aゾーン】
《1回戦》
嵯峨野 15―1 洛水(5回コールド)
京産大附 3―1 田辺
京都両洋 7―6 乙訓
京都文教 7―0 西京
《2回戦》
嵯峨野 10―3 京産大附(8回コールド)
京都文教 8―4 京都両洋
《敗者復活1回戦》
田辺 3―0 洛水
乙訓 3―1 西京
【Bゾーン】
《1回戦》
久御山 13―2 向陽(5回コールド)
京都国際 8―1 京都明徳
京都外大西 13―0 京都工学院(5回コールド)
《2回戦》
京都国際 9―0 久御山(7回コールド)
京都外大西 5―1 北嵯峨
《敗者復活1回戦》
向陽 8―5 京都明徳
【Cゾーン】
《1回戦》
京都八幡 9―2 洛星(7回コールド)
洛西 5―2 城南菱創
園部 8―4 西乙訓
《2回戦》
京都八幡 5―0 洛西
大谷 7―0 園部(7回コールド)
《敗者復活1回戦》
城南菱創 6―5 洛星
【Dゾーン】
《1回戦》
山城 7―6 北稜(延長13回)
東山 6―1 同志社
鳥羽 10―0 鴨沂(5回コールド)
《2回戦》
東山 7―0 山城(7回コールド)
鳥羽 9―1 西城陽(7回コールド)
《敗者復活1回戦》
北稜 9―2 同志社(8回コールド)
【Eゾーン】
《1回戦》
桂 10―5 南丹
京都学園 7―0 木津(7回コールド)
洛東 5―4 日吉ヶ丘
《2回戦》
京都学園 2―1 桂
京都すばる 10―3 洛東(7回コールド)
《敗者復活1回戦》
南丹 4―1 木津
【Fゾーン】
《1回戦》
桃山 9―1 須知
塔南 14―2 堀川
京都翔英 6―0 立命館
《2回戦》
塔南10―0桃山(6回コールド)
京都翔英 5―1 花園
《敗者復活1回戦》
堀川 11―2 須知(7回コールド)
【Gゾーン】
《1回戦》
莵道 9―1 洛南
北桑田 2―1 東宇治
洛北 10―3 紫野(8回コールド)
《2回戦》
莵道 5―2 北桑田
京都成章 8―4 洛北
《敗者復活1回戦》
東宇治 13―3 洛南(6回コールド)
【Hゾーン】
《1回戦》
東稜 13―6 亀岡(7回コールド)
朱雀・農芸・南陽・京教大附 5―4 京都廣学館(延長12回)
立命館宇治 7―0 城陽(7回コールド)
《2回戦》
朱雀・農芸・南陽・京教大附 6―4 東稜
立命館宇治 10―3 同志社国際(8回コールド)
《敗者復活1回戦》
京都廣学館 12―8 亀岡
【Iゾーン】
《1回戦》
網野 7―4 大江
日星 5―3 西舞鶴
福知山成美 8―5 府立工業
峰山 8―4 宮津
《2回戦》
日星 18―0 網野(5回コールド)
福知山成美 5―1 峰山
《敗者復活1回戦》
西舞鶴 9―0 大江(7回コールド)
宮津 7―5 府立工業
【Jゾーン】
《1回戦》
綾部 16―0 東舞鶴(5回コールド)
福知山 9―2 舞鶴高専(7回コールド)
京都共栄 8―4 海洋
《2回戦》
綾部 7―3 福知山
京都共栄 8―0 加悦谷(7回コールド)
《敗者復活1回戦》
舞鶴高専 9―3 東舞鶴

すばる、立宇治1次戦を突破

秋季京都府高校野球大会(府高野連など主催)の1次戦は2日、A~Jの各ゾーンで決勝戦を行い、10チームが2次戦進出を決めた。
地元勢でゾーン決勝戦に挑んだのは、京都すばる、立命館宇治、京都翔英、莵道の4チーム。このうち、Eゾーンの京都すばるは京都学園を5―1、Hゾーンの立宇治は朱雀・農芸・南陽・京教大附を18―1(5回コールド)で破り、1次戦を突破。一方、Fゾーンの京都翔英は塔南に0―1、Gゾーンの莵道は京都成章に2―4で敗れ、敗者復活決勝戦へ回った。
この日は敗者復活2回戦もあり、久御山、城南菱創、西城陽、城陽の地元公立勢が勝利を収め、1次戦突破へ望みをつないだ。田辺、東宇治、同志社国際は敗退した。
大会は8日に敗者復活3回戦、9日に同決勝戦を行い、2次戦進出チームが出そろう。
結果は次の通り。
【Aゾーン】
《決勝戦》
京都文教 7―0 嵯峨野
《敗者復活2回戦》
京都両洋 11―1田辺(6回コールド)
乙訓 10―2 京産大附(7回コールド)
【Bゾーン】
《決勝戦》
京都国際 2―1 京都外大西
《敗者復活2回戦》
北嵯峨 6―1 向陽
久御山 9―8 京都工学院
【Cゾーン】
《決勝戦》
京都八幡 7―6 大谷
《敗者復活2回戦》
城南菱創 11―2 園部
洛西 ― 西乙訓(洛西不戦勝)
【Dゾーン】
《決勝戦》
鳥羽 8―2 東山
《敗者復活2回戦》
西城陽 10―3 北稜(7回コールド)
山城 7―0 鴨沂(7回コールド)
【Eゾーン】
《決勝戦》
京都すばる 5―1 京都学園
《敗者復活2回戦》
南丹 8―6 洛東
日吉ヶ丘 10―6 桂
【Fゾーン】
《決勝戦》
塔南 1―0 京都翔英
《敗者復活2回戦》
花園 7―3 堀川
立命館 15―0 桃山(5回コールド)
【Gゾーン】
《決勝戦》
京都成章4―2莵道
《敗者復活2回戦》
洛北 4―2 東宇
北桑田 10―2 紫野(7回コールド)
【Hゾーン】
《決勝戦》
立命館宇治 18―1 朱雀・農芸・南陽・京教大附
《敗者復活2回戦》
京都廣学館 9―3 同志社国際
城陽5―3東稜
【Iゾーン】
《決勝戦》
福知山成美 8―1 日星
《敗者復活2回戦》
西舞鶴 9―5 峰山
宮津 8―1 網野(7回コールド)
【Jゾーン】
《決勝戦》
京都共栄 5―3 綾部
《敗者復活2回戦》
舞鶴高専 2―1 加悦谷
福知山 4―0 海洋

莵道、翔英が2次戦へ

秋季京都府高校野球大会(府高野連など主催)は16、17、18日、1次戦の敗者復活3回戦と同決勝戦を行い、2次戦進出チームが出そろった。地元勢は、莵道と京都翔英が1次戦を突破。久御山、西城陽、城南菱創、城陽は敗退した。
このうち莵道は、太陽が丘球場で北桑田との敗者復活決勝戦に挑み、2―0で勝利した。莵道の先発・北波は、8回途中まで相手打線を無安打に抑える好投を見せ、2安打完封。打線では5回裏、6番・福田が右越えに0―0の均衡を破る貴重な先制ソロ本塁打を放った。
京都翔英は、立命館に3―1で競り勝ち1次戦を突破した。
22日から始まる2次戦では、1次戦を勝ち抜いた20チームと龍谷大平安を加えた21チームがトーナメント戦を繰り広げる。2次戦の上位3チームは10月20日からの近畿大会(ほっともっとフィールド神戸)へ出場し、来春のセンバツ甲子園出場権獲得を目指す。
結果は次の通り。
【Aゾーン】
《敗者復活3回戦》
▽乙訓 7―0 (7回コールド)
《敗者復活決勝戦》
▽乙訓 9―0 嵯峨野(7回コールド)
【Bゾーン】
《敗者復活3回戦》
▽久御山 10―4 北嵯峨
《敗者復活決勝戦》
▽京都外大西 14―2 久御山(5回コールド)
【Cゾーン】
《敗者復活3回戦》
洛西 7―0 城南菱創(7回コールド)
《敗者復活決勝戦》
洛西 7―4 大谷
【Dゾーン】
《敗者復活3回戦》
西城陽 13―2 山城(5回コールド)
《敗者復活決勝戦》
東山 10―3 西城陽(7回コールド)
【Eゾーン】
《敗者復活3回戦》
南丹 5―1 日吉ヶ丘
《敗者復活決勝戦》
京都学園 6―2 南丹
【Fゾーン】
《敗者復活3回戦》
立命館 14―3 花園(6回コールド)
《敗者復活決勝戦》
京都翔英 3―1 立命館
【Gゾーン】
《敗者復活3回戦》
北桑田 2―1洛北(延長11回)
《敗者復活決勝戦》
莵道 2―0 北桑田
【Hゾーン】
《敗者復活3回戦》
京都廣学館 18―10 城陽
《敗者復活決勝戦》
朱雀・農芸・南陽・京教大附 8―2 京都廣学館
【Iゾーン】
《敗者復活3回戦》
西舞鶴 6―3 宮津
《敗者復活決勝戦》
西舞鶴 4―3 日星
【Jゾーン】
《敗者復活3回戦》
福知山 3―0 舞鶴高専
《敗者復活決勝戦》
福知山 8―6 綾部

すばる、翔英 8強入り

平成30年度秋季京都府高校野球大会は22、23、24日、太陽が丘球場と峰山球場で2次戦の1、2回戦計13試合を行い、ベスト8が出そろった。地元勢では、京都すばると京都翔英が8強入り。莵道と立命館宇治は敗退した。
京都すばるは、2回戦で京都成章に3―0で完封勝ち。京都翔英は1回戦で洛西を7―1で破ると、2回戦では鳥羽を4―1で退けた。
一方、莵道は1回戦で東山に0―8で7回コールド負け。今夏の選手権決勝戦と同じ組み合わせとなった2回戦、立命館宇治と龍谷大平安の一戦は、立宇治が5―7で競り負けた。
準々決勝は29日と30日にわかさスタジアム京都で行われる。京都すばるは福知山成美(29日9時30分~)、京都翔英は京都外大西(同12時~)と対戦する。2次戦の上位3チームは、来春のセンバツ甲子園出場権を懸けた近畿大会(10月20日~、ほっともっとフィールド神戸)へ出場する。
結果は次の通り。
【2次戦】
《1回戦》
朱農南教(※)003000000=3
福知山   22100000X=5 (※朱雀・農芸・南陽・教附連合)

洛 西   000001000=1
京都翔英  01022011X=7

龍谷大平安 102025=10
京都学園  000000=0(6回コールド)

乙 訓   205103001=12
西舞鶴   000403400=11

東 山   4400000=8
莵 道   0000000=0(7回コールド)

《2回戦》
京都成章  000000000=0
京都すばる 00001110X=3

京都文教  00000001=1
京都外大西 20004002x=8(8回コールド)

福知山   00000000000=0
福知山成美 00000000001x=1(延長11回)

鳥 羽   000010000=1
京都翔英  00010300X=4

龍谷大平安 010014100=7
立命館宇治 201000101=5

京都共栄  1000000=1
乙 訓   043100X=8(7回コールド)

京都八幡  00000000=0
京都国際  20004001x=7(8回コールド)

塔 南   040000213=10
東 山   040300000=7

南部勢は近畿大会に届かず

来春のセンバツ甲子園へと続く新チームの道…『秋季京都府高等学校野球大会』2次戦「準々決勝」が1・2日、わかさスタジアム京都で繰り広げられ、ベスト4が決定。京都翔英、京都すばる、乙訓の南部勢は惜しくも近畿大会に届かなかった。
結果は次の通り。
《準々決勝戦》
京都翔英  010000100=2
京都外大西 03000000X=3

福知山成美 000000500=5
京都すばる 000000000=0

京都国際  000140000=5
塔  南  000000100=1

乙  訓  200220000=6
龍谷大平安 10101032X=8

福知山成美が優勝

センバツ甲子園への道…『秋季京都府高等学校野球大会』最終決戦が、わかさスタジアム京都で繰り広げられ、福知山成美が優勝。準優勝の京都国際、第3位の龍谷大平安の上位3校が兵庫県「ほっともっとフィールド神戸」を舞台に20日から始まる近畿大会に出場する。

《準決勝戦》
京都外大西 002001020=5
福知山成美 10010511X=9

龍谷大平安 500000010=6
京都国際  15000001X=7

《3位決定戦》
龍谷大平安 31343=14
京都外大西 10100=2(5回コールド)

《決勝戦》
福知山成美 100003000=4
京都国際  000200100=3