白い息弾む「二月堂竹送り」/京田辺

元気いっぱい竹を運ぶ子供たち

奈良市の東大寺二月堂の伝統行事「お水取り」(修二会・しゅにえ)の籠松明に使う竹を、奈良まで運び寄進する「二月堂竹送り」が11日、京田辺市普賢寺地区で行われ、真竹を掘り起こした大人と子供たちが元気いっぱい肩に担ぎ、白い息を弾ませた。
行事を守り伝える山城松明講社(松村茂講社長)の有志と住民らが、大御堂観音寺に集まり、道中の安全を祈願。朝早くから掘り出した2本と、事前に用意した6本を合わせた根付きの真竹8本を二月堂まで送り届けた。
竹送りは、戦後いったん途絶えたものの、1978(昭和53)年に近畿一円で竹が枯れる被害が相次ぎ、東大寺が松明の竹の確保に苦心。話を聞いた京田辺市民が呼び掛けて復活させ、以来毎年2月11日に行い、42回目を数える。
言い伝えでは、奈良につながる街道沿いに寄進竹を置くと、道行く人が誰彼となく運んで行き、やがて二月堂まで届けられたとも。現代によみがえりし竹送りは、ふるさとの伝統に親しんで―と、子供たちが主役となり、列を作って、笑顔を弾ませた。境内で祈祷を行い、三神栄弘住職が学業成就などの願いごとを筆でしたためた竹を再びトラックまで運搬。普賢寺小1年の平島佑樹くんは、母・なるみさんと姉の由衣ちゃん(2年)と参加し、「楽しかった」と表情を和ませた。