新人戦予選リーグ開幕

今年度の京都高校サッカー新人大会の予選リーグが6日開幕、初日は3試合が行われた。
リーグ戦(郡部を除く)には55チームがエントリー。A~Pの16ブロックに分かれて27日まで予選リーグを展開し、各ブロック上位2校が2月2日からの決勝トーナメントに進出する。決勝は西京極陸上競技場で同23日にキックオフ。
予選リーグ初日の結果は次の通り。
【Cブロック】
嵯峨野 0‐0 北稜
【Gブロック】
龍谷大平安 8‐0 京都すばる
【Jブロック】
堀川 2‐1 洛南

京都廣学館、順調に勝ち点

今年度の京都高校サッカー新人大会は12日、予選リーグ第2日目の4試合を行い、京都廣学館が農芸に大勝し、勝ち点を挙げた。
なお、Hブロックの洛北VS京都すばるは、京都すばるが棄権した。
予選リーグ第2日目の結果は次の通り。
【Bブロック】
京教大附属 1‐0 京都工学院
【Jブロック】
京都廣学館 22‐0 農芸
【Mブロック】
京都両洋1 1‐0 合同A
【Oブロック】
紫野 1‐0 京都外大西

莵道 2連勝で決勝Tへ

今年度の京都高校サッカー新人大会は19日に予選リーグ第5日目までの試合を終えた。
地元勢では、Kブロックで莵道が2連勝、勝ち点6で1試合を残して同ブロック1位が確定し、32チームによる決勝トーナメント進出が決まった。
予選リーグはきょう20日に第6日目の試合を行う。
13~19日の予選リーグの結果は次の通り。
【Aブロック】
立命館 2‐1 南陽
【Bブロック】
大谷 1‐0 京都工学院
大谷 2‐0 京教大附属
京都工学院 1‐0 京産大附属
【Cブロック】
嵯峨野 5‐0 京都文教
嵯峨野 2‐1 同志社
北稜 8‐0 京都文教
【Dブロック】
東宇治 7‐0 園部
京都廣学館 11‐0 園部
京都廣学館 4‐0 東宇治
【Eブロック】
紫野 1‐0 京都翔英
久御山 2‐0 京都外大西
【Gブロック】
桃山 0‐0 京都すばる(棄権)
洛北 0‐0 桃山
龍谷大平安 0‐0 桃山
【Hブロック】
京都朝鮮 3‐0 西乙訓
京都朝鮮 1‐0 京都明徳
京都明徳 1‐0 西乙訓
【Iブロック】
山城 2‐1 同志社国際
鳥羽 1‐0 西京
西京 3‐0 同志社国際
山城 3‐0 鳥羽
山城 4‐3 西京
【Jブロック】
花園 0‐0 堀川
堀川 2‐2 洛星
洛南 2‐0 花園
【Kブロック】
城南菱創 1‐1 亀岡
莵道 3‐1 城陽
莵道 1‐0 城南菱創
城陽 0‐0 亀岡
【Lブロック】
向陽 4‐0 鴨沂
立命館宇治 1‐0 塔南
立命館宇治 1‐1 向陽
塔南 7‐0 鴨沂
【Mブロック】
洛東 6‐0 合同A
京都両洋 3‐0 洛東
京都学園 8‐0 合同A
【Nブロック】
洛西 6‐1 合同B
京都精華 3‐0 東稜
京都精華 3‐1 洛西
京都精華 5‐0 合同B
【Oブロック】
桂 8‐0 洛水
南丹 3‐1 北嵯峨

立宇治など決勝T進出

今年度の京都高校サッカー新人大会は20日、府内各会場で予選リーグ第6日目の16試合を行った。
地元勢では、立命館宇治がLブロックを2勝1分で1位突破し、決勝トーナメントへ。Dブロック東宇治、Eブロック久御山も順調に白星を挙げ、最終戦を前に同トーナメントに進出できる2位圏内が確定した。
第6日目の結果は次の通り。
【Bブロック】
京産大附属 1‐1 大谷
【Cブロック】
北稜 2‐0 同志社
【Dブロック】
東宇治 17‐0 農芸
【Eブロック】
久御山 4‐2 紫野
京都外大西 3‐0 京都翔英
【Gブロック】
洛北 4‐0 龍谷大平安
【Hブロック】
京都橘 2‐0 京都朝鮮
【Iブロック】
同志社国際 4‐2 鳥羽
【Jブロック】
洛南 4‐0 洛星
【Kブロック】
城陽 4‐0 城南菱創
【Lブロック】
向陽 2‐1 塔南
立命館宇治 8‐0 鴨沂
【Mブロック】
京都学園 4‐0 洛東
【Nブロック】
洛西6‐0東稜
【Oブロック】
桂 0‐0 南丹
北嵯峨 2‐1 洛水

東宇治など決勝Tへ

京都高校サッカー新人大会は27日までに府内各会場で予選リーグ7日目と最終8日目の試合を終え、地元の東宇治や久御山、城陽が決勝トーナメント進出を決めた。
決勝トーナメントは2月2日に開幕し、各ブロックの代表計32チームが頂点を競う。
予選リーグ7、8日目の結果と決勝トーナメント進出校は次の通り。
【Aブロック】
東山 4‐1 立命館
東山 4‐0 南陽
【Bブロック】
京産大附属 2‐1 京教大附属
【Cブロック】
同志社 4‐0 京都文教
【Dブロック】
園部 8‐0 農芸
【Eブロック】
久御山 6‐0 京都翔英
【Hブロック】
京都橘 3‐0 京都明徳
京都橘 5‐0 西乙訓
【Jブロック】
花園 3‐2 洛星
【Kブロック】
莵道 1‐0 亀岡
【Mブロック】
京都両洋 3‐1 京都学園
【Nブロック】
東稜 2‐1 合同B
【Oブロック】
桂 2‐0 北嵯峨
南丹 2‐0 洛水
◆決勝トーナメント進出校=東山、立命館、大谷、京産大附属、北稜、嵯峨野、京都廣学館、東宇治、久御山、紫野、洛北、桃山、京都橘、京都朝鮮、山城、西京、洛南、堀川、莵道、城陽、立命館宇治、向陽、京都両洋、京都学園、京都精華、洛西、桂、南丹、福知山成美、京都共栄、綾部、福知山

立宇治 久御山 3回戦へ


ハイボールを巡って激しく競り合う城陽と久御山(1回戦)

京都高校サッカー新人大会は決勝トーナメント2回戦までを終え、地元勢では立命館宇治と久御山が3回戦に名乗りを挙げた。
決勝トーナメントでは各ブロックの代表計32チームが頂点を競う。
立命館宇治は1回戦で福知山に5‐0で圧勝し、京都朝鮮との2回戦はPK勝ちした。1回戦で久御山は城陽との接戦を制し、2回戦は福知山成美をPKで退けた。
3回戦は11日に西京極補助と宝ヶ池であり、立命館宇治は洛南と、久御山は京都橘と対戦する。
1、2回戦の結果は次の通り。
【1回戦】
東山 2‐0 南丹
京産大附属 3‐2 京都共栄
久御山 5‐4 城陽
大谷 1‐1(PK4‐2) 京都学園
京都朝鮮 2‐1 莵道
洛北 4‐0 向陽
北稜 1‐0 綾部
洛南 1‐0 紫野
京都廣学館 4‐0 洛西
京都両洋 3‐0 嵯峨野
京都橘 4‐0 堀川
山城 0‐0(PK5‐4) 桃山
立命館宇治 5‐0 福知山
桂 6‐2 東宇治
福知山成美 1‐0 西京
京都精華 4‐0 立命館
【2回戦】
東山1‐0大谷
京都廣学館3‐0北稜
久御山1‐1(PK3‐1)福知山成美
京都橘2‐0洛北
洛南3‐0山城
立命館宇治2‐2(PK4‐3)京都朝鮮
京都精華3‐0京都両洋
桂0‐0(PK4‐2)京産大附属

立宇治 準決勝に進出/久御山 京都廣学館 惜敗

京都高校サッカー新人大会は11日、西京極補助競技場などで準々決勝を行い、立命館宇治が洛南を1‐0で破り、準決勝に進出した。
立命館宇治は0‐0で迎えた試合終了間際、山下颯大のアシストで森本大希が値千金のゴールを決めた。
一方、久御山は京都橘と火花を散らしたが、1‐5で及ばなかった。
地元選手も通う京都廣学館は、今年度の選手権府予選優勝校の東山と対戦。新人戦ではこれまで計5試合44得点、連続無失点の記録を伸ばしていたが、勝利に届かなかった。
準決勝は17日に太陽が丘陸上競技場で行われ、立命館宇治は午後1時30分から桂と激突する。
準々決勝の結果は次の通り。
東山 2‐0 京都廣学館
桂 4‐0 京都精華
京都橘 5‐1 久御山
立命館宇治 1‐0 洛南

決勝は京都橘VS桂

京都高校サッカー新人大会は17 日、太陽が丘陸上競技場で準決勝を行い、地元勢で唯一勝ち上がっていた立命館宇治が惜敗した。
立命館宇治は桂と対戦。前半を0‐0で折り返し、後半開始間もなく福田健人が先制ゴールを決めた。しかし、その5分後に同点とされ、終盤に逆転を許した。
一方、京都橘と今年度のインターハイ府予選と選手権府予選を制した東山との対決は、京都橘が快勝した。
京都橘と桂の決勝戦は西京極陸上競技場で23日(土)午後1時30分キックオフ。
結果は次の通り。
【準決勝】
京都橘 6‐1 東山
桂 2‐1 立命館宇治

京都橘 桂制しV

京都高校サッカー新人大会は23 日、西京極陸上競技場で決勝戦があり、京都橘が桂を1‐0で制して優勝を飾った。
京都橘は0‐0で迎えた後半に先制し、最後までリードを守り切った。
なお、府高体連サッカー専門部会は優秀選手を発表した。フェアプレー賞は桂が受賞した。
優秀選手は次の皆さん。カッコ内は学校名。
藤橋怜士、田中慶吾、髙木大輝、佐藤陽太、梅村脩斗、西野太陽(以上、京都橘)、外村颯大、甲元大成(桂)、多和田起也(東山)、福田健人(立命館宇治)