14議席を15人が争った久御山町議選が21日に投開票され、新議員14人(現職11、新人2、元職1)が決まった。786票で前回に続いてトップを飾った田口浩嗣をはじめ現職・新人が全員議席を得た。元職は樋口房次が当選、最下位の吉田貞夫が涙をのんだ。投票率は50・86%で、過去最低だった前回2015年(55・79%)を4・93ポイント下回った。
(文中敬称略)