県祭 10万5000人の熱気/露店ずらり、初夏の風物詩
大勢の人々の熱気であふれ返る宇治橋通り商店街

「暗夜の奇祭」として知られる県(あがた)祭が5日から6日未明にかけて、中宇治地域で営まれた。所狭しと露店がひしめく中、初夏の風物詩に前年より約1万人増の約10万5000人(市観光協会発表)が繰り出し、にぎわいを楽しんだ。ハイライトを飾る梵天渡御は今年も、県神社と県祭奉賛会が別々に行い、担ぎ手たちが勇壮な技を見せた。
県神社の例祭。「露店祭り」の別名を持ち、歩行者天国となった宇治橋通り商店街や県通り、本町通りには定番の焼きそばやたこ焼き、唐揚げ、各種スイーツ、当て物など約500の出店が軒を連ねた。
県神社では5日午前10時に朝御饌の儀、午後5時から夕御饌の儀が執り行われた。
護摩焚の後、市民らでつくる「この笛ふくや会」のメンバーが伝統装束に身を包み、源氏物語宇治十帖にちなんだ演舞を披露。幼児も拍子木を打ちながら輪になって踊り、集まった人々の拍手を浴びた。

■「シンボル」猛々しく/梵天渡御

前後左右に梵天を振る奉賛会の担ぎ手(宇治神社御旅所前)

祭りのハイライト「梵天渡御」が、6日午前0時前後に執り行われた。
奉賛会は5日午後11時に宇治神社御旅所を出発。宇治橋西詰まで練り歩いた。
激しいデモンストレーションでは、荒ぶる男たちの熱気が、あたりを覆い、〝神〟を取り囲んだ市民や観光客は、シンボル梵天を豪快に振り、ぶん回す勇ましい姿に見とれた。

梵天を軸に猛々しく回転する「ぶん回し」(県神社旧大幣殿跡前)

そして、県神社では総代会「木の花会」と信者らによって奉製された梵天の白い幣(へい)が幽玄に揺れる中、午前0時前に神移しの儀を挙行。灯りが落とされ、辺りを静寂が包んだ。
漆黒の闇から、神が乗るとされる梵天が、担ぎ手たちの手で境内から旧大幣殿跡へ。
交差点に躍り出た法被姿の男たちは息を合わせて、大地に打ち付けるように前後左右に梵天を何度も強く振り、人々の掛け声にも後押しされ、威勢良く「ぶん回し」を続けた。
その中心に乗った純白の神人(しんじん)は、たくさんの幣が付いた梵天の守護を貫徹。最後には梵天を頭上高く担ぎ上げる「天振り回し」も披露され、厳かに奉安所へ着御された。