梅雨でも明るくね/宇治田原町営バス「なごみ号」

近畿地方の梅雨入りは平年より遅れているが、宇治田原町内では町営バス「雨の日号」が、しっとり濡れた町内を巡回している。
梅雨時期のバス乗車は、傘からの水滴などでジトジト湿っぽいものだが、その気持ちを少しでも明るくしてもらおう―と無料の町営バス2台のうち、北ルートと高尾ルートを走る「なごみ号」を飾り付けたもの。
地域子育て支援センターを利用する子供と保護者がアジサイ、アマガエルなどのデコレーションを窓に貼り付け、車内には「てるてる坊主」がズラリ。そのうちの1つは阪神タイガーズのマスコット「トラッキー」になっている。【写真】
「雨の日」バージョンは梅雨明けまで運行される。北ルートは月~金曜1日11便。高尾ルートは火・金曜1日6便。