第101回『全国高等学校野球選手権』京都大会5日目。2回戦7試合が行われ、わかさスタジアムと太陽が丘球場では山城地方の4校が進撃。立命館宇治と京都八幡は7回コールド、京都翔英は2試合連続の完封勝利を決め、キャプテン嘉門凌大(田辺アルファー~田辺中・京田辺ボーイズ出身)が引っ張る春季大会準優勝校・乙訓も10点差をつけて圧勝した。
甲子園出場…春夏合わせて5回の立命館宇治と8回の東山との対戦は序盤、一進一退の攻防。立宇治が荒井豪太の3塁打で2点勝ち越し、東山がすぐさま1点を返して迎えた4回表が大きな分岐点となった。
先頭の星川健太が四球を選ぶと立宇治・里井監督は迷わず1番バッターにバントのサイン。2ストライク後も指示は変わらず、スリーバント失敗となるが、2番打者にもバントをさせ、これで2アウト2塁。次打者HP(ヒットバイピッチ)で東山がピッチャーを代えると、その初球を4番の浅野彰久がフルスイング、打球は左中間のフェンス最上段を直撃し、流れが大きく傾いた。
一方、ノーシードながら優勝候補の一角とされる京都翔英は地元・太陽が丘球場での第2試合に登場。大谷を5‐0で沈めた。
翔英は初戦同様、投打が噛み合っての快勝。「投」では、先発の遠藤慎也が8回無失点、11奪三振で大谷打線を圧倒。「打」では2回裏、鈴木遼が2試合連発となるホームランを豪快にレフトスタンドに叩き込み先制点をもたらすと、7回裏にはセンター頭上を破ってダメを押した。
対する大谷も最終回、3番の小谷祥太と4番・堀内武志(西宇治)が連打でチャンスメイク。本塁は遠かったが、ゲームセットの瞬間まで奮闘した。
そして、同球場第1試合では、京都八幡が舞鶴高専と対戦。地元出身の南本陸人(南城陽中)、松村優輝(南宇治中)がともに得点に絡むヒットを放つなど、9‐1で圧勝し初戦を突破した。

ホームラン

大会5日目に飛び出したホームランは3本。京都翔英の鈴木遼は今大会2号。福知山成美の原陽太は1試合2本塁打と気を吐いた。

懸命のパフォーマンス

まだ夏休み前の平日のため、スタンドに野球部員以外の生徒の姿はないだろうが、10日の立命館宇治の応援席には、OBたちが多数駆け付け、懸命のパフォーマンスで盛り上げた。

大会5日目の結果

乙 訓   50210004=12
南 丹   00011000=2
(8回コールド)

立命館宇治 0032004=9
東 山   0110000=2
(7回コールド)

舞鶴高専  0001000=1
京都八幡  000540×=9
(7回コールド)

大 谷   000000000=0
京都翔英  01012010×=5

西乙訓   000000000=0
京産大附属 10000010×=2

南 陽   000001012=4
海 洋   00000203×=5

福知山成美 110000002=4
日吉ヶ丘  000000000=0