危険な目に遭わせない/京田辺で園児散歩コースの安全点検
幼稚園や保育所近くの交差点、横断歩道をチェックする(草内)

園児の施設外活動の安全を確認する取り組みが23日、京田辺市内で始まった。
滋賀県大津市で5月に起きた園児死傷事故を踏まえ、散歩コースの危険箇所をチェックし、改良を目指すもの。市教委をはじめ、建設部、福祉部、山城北土木事務所などの職員ら約20人が参加して、各園を巡回した。
市立の8幼稚園と2保育所を対象に、2日間に分けて実施。このうち、初日の草内幼稚園(本田扶佐子園長)と同保育所(沼田かおり所長)の安全点検には、上村崇市長も姿を見せ、「悲惨な事故が起こらないようにできる限りの対策を。所管部署が連携し、ヨコのつながりで情報共有を」と挨拶した。
事故後、「交通量の少ないところを選んで、散歩道を見直した」(本田園長)、「散歩コースを再確認し、人員配置も増やしている」(沼田所長)と注意に努める中、この日は市職員と共に実際の現場に足を運び、交差点や横断歩道などの課題と思われる箇所を強調した。