立命館宇治、悲願の甲子園初勝利/全国高校野球
決勝点となる夏の甲子園初得点で生還した宮下㊧を主将の吉村が迎える

第101回全国高等学校野球選手権大会2日目(7日)第4試合に登場した立命館宇治(37年ぶり3回目)は、秋田中央(45年ぶり5回目)を1‐0で下し、悲願の「甲子園初勝利」を挙げ、校史に新たな1ページを刻んだ。
試合は立宇治・髙木、秋田中央・松平の両先発投手が持ち味を存分に発揮し、息詰まる投手戦となった。
立宇治打線は、5回まで毎回先頭打者が出塁しチャンスを作るも本塁が遠い展開だったが、7回1死二塁で3番・上田の打球は相手失策を誘い、走者が生還。夏の甲子園初得点で、ついに均衡を破った。
髙木は7回の無死満塁のピンチを無失点で抑えるなど、9回被安打3の快投で完封勝利。
春夏通じ「6度目の甲子園」で歴史的な初勝利をあげた立宇治は次戦、8日目(13日)第2試合、プロ注目の好投手・奥川擁する強豪・星稜(石川)と対戦する。