華麗に水上の舞い/太陽が丘で“ウォーターボーイズ”熱演
水しぶきを上げてジャンプ!

雨続きだった天気から一転して晴れ模様となった24日、宇治市広野町の太陽が丘ファミリープールでシンクロを行う男子高校生“ウォーターボーイズ”の公演が開かれた。
プールの利用者に楽しんでもらおうと2007年から実施。当初は府立山城高校(京都市北区)の水泳部だけで行っていたが、7年前からは京都市立西京高校(中京区)も参加している。
この日、山城高校シンクロチームは過去最高となる34人のメンバーが出演。「シ・ン・ク・ロ!」のかけ声が起こると、真っ黒に日焼けしたボーイズが爽やかに登場した。
水の中では、BGMに合わせて水面を叩きダンスのポーズを決めたり、ジャンプや宙返りのパフォーマンスを熱演。華麗な水上の舞いに「うぉー」と歓声が上がっていた。
同高でキャプテンを務めた松田元希くん(18)は「水の中でダンスするので、踊りを合わせる指示を出すのが難しかった。今回の演技で、3カ月間の練習の成果を出せたと思う」と笑顔を見せた。