ホクホクおイモの季節だよ♪/城陽のあらす農園
サラサラ砂地で真っ直ぐ伸びるのがあらすイモの特長だ

地元内外の家族連れや団体などが心待ちにしていた城陽市寺田の「あらす芋掘り農園」が22日にオープンし、早速、子供たちの歓声がこだました。
生産農家らでつくる「あらす観光いも掘りグループ」(奥村一志代表)が1972年に始めた農園には毎年、約1万6000人もの人々が訪れ、木津川沿いの豊かな砂地で育まれた「クリのように甘く、おいしい」サツマイモを収穫する喜びの一端を体感している。
奥村代表は「サラサラの砂地。手で掘れるところは他に少ない」と人気の秘密を明かす。1カ月ほどおいてヤキイモでいただくのが「甘みも増し」、おススメとも。
10月31日(木)までの土日祝。午前9時~午後4時。ただし、30株以上の申し込みは平日に予約を。原則、平日は団体のみの受け付けとなる。料金は3株900円(税込み)。申し込み、問い合わせはJA京都やましろ城陽支店℡52‐5131まで。