1億円に届きそうな勢い/宇治田原町「ふるさと納税」

宇治田原町への「ふるさと納税」が順調に伸びており、今年度は1億円に届きそうな勢いだ。
2014年度は17万5000円だったが、ここから急激に増えていく。
15年度は75万5000円、お返しギフトを55品目で開始した16年度は244万4000円。専用サイト「ふるさとチョイス」へ掲載し、返礼品をリニューアルして131品目に増やした17年度には2158万5424円に跳ね上がり、昨年度は返礼品を211品目まで拡充し、「さとふる」サイトにも掲載した結果、4277万5000円にまで伸びた。
宇治田原町民が他の自治体に寄付している納税額は約780万円で、差し引き3500万円ほどの黒字。今年度は6カ月経過した9月末現在で1452万5000円となっており、これは前年度同期622万5000円の約2・33倍となっている。
例年、年末の「駆け込み納税」で11月・12月・翌年1月の受領額は倍々に増えていっており、この傾向を当てはめたうえで、昨年の納税額を2・33倍すると9967万円。
議会からも期待を込めて求められていた目標額1億円が見えてきた。
宇治田原町にとって「1億円」というのは、一般会計歳入における個人町民税の約4分の1、法人税の約2分の1に当たる。
ただ、返礼品代や郵送代、サイト掲載料を引くと6割程度が実質収入となるが、それでも町たばこ税(18年度決算5036万円)より1000万円も多く、返礼品の代金は町内事業者らの収入になっている。
この返礼品の人気上位だが、「ふるさとチョイス」と「さとふる」からの納税額ベースでみた昨年度のトップ10は次の通り。
①森口雅至の古老柿(ころがき)②播磨園の有機宇治煎茶6本入り③宇治抹茶入り深蒸し煎茶1㌔④特別金賞受賞の宇治抹茶「琴」⑤宇治抹茶そば「極」16人前⑥抹茶御手前セット⑦有機宇治茶味わいセット⑧匠~最高茶師×最高級茶筒司⑨真鍮(しんちゅう)ステンレス&ウッド表札⑩京都きよ泉の抹茶・ほうじ茶チョコレート。
返礼品の質の改善が納税額を伸ばし、事業者のスキルアップにつながっている。
「お返しギフト」の品目は今年度から随時、増やしており、新たに加わったのは現時点で30品目。
▽同町の「空き家バンク」を利用しての移住者第1号者が制作する「Hiwairoビアグラス」▽火の國屋「健康応援・梅クエン酸セット」▽流芳園の「大臣賞生産者のお茶を大臣賞茶師がティーバッグにしました」▽巨泉の「フレーバーティー宇治茶アールグレイ」▽宇治田原製茶場の「猫型ティーバッグキャッティー」などが注目を集めている。