宇治発!音楽の祭典始まる

宇治発!音楽の祭典―「U♪ic Fair(う~じっくふぇあ)」が27日、JR宇治駅周辺の7店舗で繰り広げられ、市民愛好家らが店舗をはしごするなど新たなムーヴメントを堪能した。
宇治署向かいにあるタイセイビルB1階のライブ居酒屋Waoya(塩田俊樹オーナー)を発起に、「入場無料。ただし、ドリンクなど1品のご注文を。出演者にはできるだけチップを」とのコンセプトで企画を実現。ほかに、あぶらや・キムトン・寶屋・茶願寿カフェ・山小屋・三よしやの中宇治に構える人気店が、この日は昼過ぎから、歌謡曲やフォークソングの渦に包まれた。
出演するミュージシャンは、「メモリーグラス」(1981年)で知られる堀江淳さん、Waoyaの舞台でお馴染みの迎里計さん、たなかきょうさん、ゴーゴー亭なかい、わたるとかぞくなど16組。それぞれタイムスケジュールに沿って会場を持ち回り、各30分のステージで来店客と交歓。Waoyaでは、オリジナル曲を披露した関栄理哉さんとセッションするファンの楽しむ姿が見られた。塩田オーナーは「これから継続していきたい」と意気込む。