山背古道練り歩く/井手で時代絵巻行列
橘諸兄役を先頭に町内を行く「時代絵巻行列」

豊かな歴史が宿る町の魅力を発信しようと30日、井手町で「時代絵巻行列」が行われた。公募で集まった町内外の16人が、奈良時代の左大臣・橘諸兄や、平安時代の歌人・小野小町といった町ゆかりの歴史上の人物や、当時の女官などに扮(ふん)し、京都と奈良をつなぐ古の道「山背古道」など、町内1・1㌔を練り歩いた。
行列の終着地であるまちづくりセンター椿坂では、京都産業大学の学生でつくる「井手応援隊」によるグルメイベント「はらぺこランド」が開催された。また、山背古道推進協議会による「山背古道とことんウォーキング」のスタンプ地点ともなった。行列は、イベント参加を含む多くの人に迎えられ、アマチュアカメラマンが盛んにシャッターを切った。
行列メンバーは、同センター中央広場に設けられたステージに集合。橘諸兄役の男性は「こんなにたくさんの人がいるとは思わず、緊張した」と話した。
この日、同広場では、振る舞い餅や、シンガーソングライター・内田あやさんのミニコンサートも行われた。